1701top.jpg

2017-08

哀しい迷子犬の最期 - 2011.02.24 Thu

今日のお話は、重くて哀しい内容ですが、大丈夫なかたはお付き合いくださいね。

P1080767(1).jpg


昨日のお散歩でピースくんと歩いていると、シェルティが道端に伏せていました。
カエル足を後ろに投げ出して
目をあけたまま考え込むような様子で、普通に休んでいるようです。
ピースママと、「この子どうしたのだろうね?おーい、どうしたの??」と
話しかけても反応がありません。
珍しいことに、クーがその犬に盛んに吠えたてています。
目の前に誰かが置いて行った白いご飯が。

次第に私たちも状況が飲み込めてきました。
そっと首筋に触ってみましたが首輪はしていません。

そう。迷子になって力尽きてしまったようでした。

私は、携帯を取り出し、保健所へ電話しました。
(迷子犬に遭遇したときの飼い主照会のために保健所番号をひかえています)
「道端でシェルティが死んでいます。。」

ところが、保健所は死んだ犬は管轄外だそうで、その犬がいる場所によって
国道なら国土交通省、県道ならどこそこ、市道なら市環境課で、そこは
どこか調べてからしかるべきところに電話して、と言われました。
とりあえず、市環境課の電話番号を聞き、ピースママが電話して場所を
説明すると、すぐに来てくれることになり、私たちはその場を離れました。


その後もその犬がかわいそうでなりませんでした。
いったい何日間、彷徨っていたのでしょう。きっと喉が渇いて苦しかったこと
でしょう。
迷子札があれば命のあるうちにお家に帰れた可能性が高いのに。

保健所は死んだ犬は管轄外だと、言っていたけれど、
もし飼い主さんが必死で探していたら、知らないうちに処分されて
しまったなんて哀しすぎます。
可愛がっていた犬なら、最悪、遺体になっても見つけ出したいと思うのではないかな。

でも、死んだ犬を飼い主さんに会わせるまでにはかなりな手間と時間がかかるかも
しれません。そのあいだ、犬をどうするか。。
犬のいた場所によって回収先もちがうわけで、保健所や、警察がそこまで追跡して
飼い主さんと橋渡しをするのは、現実問題として無理なのでしょう。

知らない土地で力尽きてしまったシェルティは最期になにを考えたのでしょう。
きっと飼い主さんや、なつかしいお家のことだったのではないでしょうか。
探している飼い主さんにも、ここにいたことを知らせてあげたい。
きれいな毛並みで、大事にされていたように見えました。

このシェルティの哀しい教えを胸に刻んで、もう一度愛犬の安全について
考えて行かなければと思いました。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

はじめまして。
はじめて訪問して、迷子札を実感させられました。
以前、迷子犬を探している飼い主さんはやはり遺体でもいいので連れて帰って休ませてあげたい。
その子は20日かかって無事にお家に帰ったのですが。
飼いはじめたころ、迷子札を即効破壊されて、作ってないのですよね。
早速、作ろうと思います。

また、クーちゃんに会いにきます。

迷子のシェルティーちゃんの魂が安らかに眠りにつけますように・・・。

お散歩してると
首輪抜けや、リードが手から離れて
華が迷子になっちゃうかも・・・
という、「もしかして・・・」の気持ちはいつもどこかにあります。
華は、首輪に個人情報を書き込んだ紙を入れてある
小さなポケットをつけています。
でも、それも、首輪が外れてしまったら万能じゃないんですよね。
最近ICチップの埋め込みも考えるようになりました。
飼い主側にできることはこれが限度じゃないでしょうか。
行政も今回のような縦割りのお役所仕事だと
救える命も助からないと思います。

そうですか・・・
悲しい話ですね。
目を開けたまま休むように・・?
そのシェルティーの気持ちは
わかりませんが、つらかった事には違いないでしょうね。
涙が出る思いです・・。
(よしいぞうの相方‘ちけ’がコメントさせていただきました)

ごめん!読めませでした
なので何とコメントしてよいやら
うちの夏と静は放浪犬です
事故にも遭わずEarth家に到着してくれて
良かったと私は思ってます
お二人さんがどう思ってるかは
定かではありません(笑)
願いは不幸なシッポが居なくなることです

以前、飼っていた柴犬が 雷が鳴った夜に脱走してしまい
それっきり 会えずにいるという飼い主さんに出会ったことがあります。
もう半年以上たっていたのですが 
まだ 希望を捨ててはいないとおっしゃっていました。
そのシェルティーの飼い主さんも
これから 長く 愛犬の死を知らずに
捜し続けてしまわれるかも知れませんね。
なんだか 切ないです。
「絶対」はないから もしもの場合を考えて 
出来ることは全部しておかないといけませんね。

シェルティーちゃんお家へ帰りたかったでしょうねぇ。残念です。死んでしまったわんちゃんは保健所ではないんですね。綺麗に手入れされていたのなら、飼い主さんも探していたのでは・・・悲しいですね。こんな風に力尽きてしまったなんて、何所をどうさまよっていたんでしょうか?
寂しくて力尽きたんでしょうか?そう簡単にはこのような状態にはならないでしょうから。
残念です。 
室内飼いの我が家もお家の中では首輪無しです。ICチップも入っていません。それにこれは飼われていない方にはわからないかも。
もしもは考えたくはありませんが、災害なんかの場合もありますよね。
私も愛犬の安全、もしもの時のことを考えさせられました。

コメントありがとうございます。

この出来事を投稿するかとても迷ったのですが、
自戒をこめて書きました。
行政への不満や、あきらめの気持ちもありますが、
やはり自分の愛犬は自分で守るしかないんですよね。
できることといえば、迷子札、首輪にも書ければ
書いておく、換毛期など、定期的に首輪のゆるみを
チェックする、予備の首輪を持っておく、呼び寄せられるように訓練、ICチップの検討などでしょうか。ICチップも携帯電話を近付けると装着しているかがわかるなど一工夫あると良いですね。
私は出来ていないことだらけで気をつけなければいけませんが。
それにしてもどうして犬は人と話せないの?って
よく思うんです。人と犬の共生の歴史はとても
古いのに、そういう進化ってしないものなんですね
(淋)犬が話せたら、迷子はいなくなるかも?

それと、柴ではあまりないかもしれませんが、
盗難もかなりあるそうなので、買い物などでそばを離れない
ことも大切かと。
それと分かったことは、どこかで死んでしまったら、もう、探しようがないということです。

ショコママさんへ
ご訪問ありがとうございます。
迷子札はとても大事だと思います。それさえ付いていれば携帯ですぐに知らせられますものね。
また、ぜひくるみブログへ遊びにきてくださいね。
 
ハママさんへ
首輪につけるポケット、知っていますよ。
華ちゃん、きちんと付けていますよね。ペットショップでも見た事あります。華ちゃん、迷子札もつけて
いるし、ハママさんの危機管理はさすがです。

ちけさんへ
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
とても哀しい光景で、書くかどうか迷ったの
ですが、大切なことだと思い、アップしました。

コロリ達の母さんへ
ハハサマにはつらい内容だったと思います。
読めなくて当然です。
それなのに来てくださってありがとう。
保護したこともなく、危機管理も甘い私が
書いていいものか、悩みました。
ハハサマの願いは私も同じです。

めぐままさんへ
雷や、花火の時は、迷子犬が増えるそうです。
実家にいたドジも大騒ぎでしたよ。
どんなに対策をたてても完全ではないですね。
愛媛の鑑札は良いですね。迷子が減るかもしれませんね。

あずかぁたんさんへ
ICチップは外れる心配がないかわりに、装着して
いるかどうかが外見上わからないですね。保健所
では、装着の有無がわかるようになっているのでしょうかね?
保護してすぐに連絡がつくのはやはり迷子札ですね。こわれたり、文字が消えたりするのでマメな
メンテナンスが要りますが、いちばん効くかな~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuruminto.blog102.fc2.com/tb.php/154-21eca3e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己中 «  | BLOG TOP |  » 帰って来たクー

プロフィール

ママミント

Author:ママミント
柴犬くるみ愛称クーの飼い主
三重県在住

名前:くるみ(貴華の駒姫)
誕生年月日:2009年11月19日生
性別:女の子 

*メールフォーム*    
sibanokurumi@yahoo.co.jp
@を小文字に変えてください。

ブログランキング

くるみはブログランキングに参加しています。 一日1クリックおねがいします。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

くるみtwitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

くるみのこと (634)
おきらクーな写真集 (146)
Canon PowerShot S100 (9)
Written by 涼 (7)
くるみ笑劇場 (132)
友だち (294)
動画 (47)
行楽 (125)
四季の行事 (99)
ちいさなお話 (131)
帰省 (77)
日本犬保存会  (16)
ボルネオ旅行記 (6)
グアム旅行記 (3)
テレビ放送 (5)
子猫のいた日々 (4)
クーのお母さん (2)
未分類 (42)
キュルちゃん☆ (12)
プレママ日記 (8)
春の花子育て日記 (63)

カワまちゅげ隊

マロンとライムの柴犬親子日記 みぃさんに作っていただきました!

かわまちゅげ

くるみは黒まちゅげ♪

ブルブルの会

幸せおバカなぐ~だライフ♪  プリエッピさんに作っていただきました。

17.ブルクー

クーのへそ天

椿ママさん作のちぎり絵です。

椿ママさん作

お散歩楽しいクーちゃん

sakura*diary patakkoさんに 描いていただきました。

patakkoさん作

似顔絵心書

kanae_kandaさんに描いて いただきました。

似顔絵心書

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクフリーです。ご自由にどうぞ☆

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ランキング